診療内容

患者様一人ひとりの話をよく聞き、
その方にとって最適な治療を
ご提供出来る医院をめざしています

日帰り白内障手術

  • 日帰り白内障手術

日帰り白内障手術はコチラ

緑内障の方

緑内障の方

緑内障は40歳以上の約17人に1人(70歳以上の7人に1人)が罹るといわれています。しかし初期は自覚症状がほとんどなく、自覚するのは進行してからとなります。最新の視野検査機で早期発見いたします。また必要に応じてレーザー治療もいたします。難治性の緑内障は院長が非常勤を勤める慶応義塾大学病院緑内障外来や、連携病院の横浜市立市民病院、けいゆう病院緑内障外来などにおいても治療いたします。

糖尿病・高血圧などの生活習慣病また加齢による動脈硬化などによる眼底出血

糖尿病・高血圧などの生活習慣病また加齢による動脈硬化などによる眼底出血

上記が引き起こしやすい眼底出血をレーザーにて治療いたします。眼底出血は自覚症状がなく進行し、視力低下などの症状が出た時には失明の可能性もあります。
レーザーが効かない場合、手術(硝子体手術)が必要なこともあります。その場合、連携病院で網膜硝子体の専門医のいる横浜市立大学市民総合医療センター病院、大口東病院、けいゆう病院、慶応義塾大学病院などをご紹介いたしております。
早期発見、治療が重要ですので上記の疾患がある方は必ず眼科での定期的な検査を受けてください。かかりつけの内科の先生と相談しながら最適な治療をいたします。

網膜裂孔・網膜剥離

目の中には硝子体という卵の白身のようなゼリー状の物質で満たされています。これは網膜とくっついています。それが近視の場合や、年齢を重ねるにつれて縮んできます。その際、網膜が引っ張られことにより破れて穴があくことがあり(網膜裂孔)、それを放置しておくと網膜剥離が生じてきます。穴の早期発見によりレーザー治療すると網膜剥離の予防ができます。特に50歳前後に起こりやすいといわれています。飛蚊症(目の前に虫のような影がちらつく)や、光視症(光がさしこむ感じがする)は穴があいた時や網膜剥離のサインの1つでもあるので、このような症状がある方や近視の方は診察をおすすめします。
当院においてもこのレーザー治療をおこなっております。

お子さまの斜視・弱視

斜視・弱視に対し、専門の視能訓練士とともに専門外来を行っております。早期発見、正しい訓練、適切な眼鏡などが重要です。手術などが必要な時には専門病院への紹介も行っております。

ドライアイ

ドライアイ

プラグ:これを涙の出口に溜めてうめて涙を溜めます。

目を開けているのがつらい、起床時に目がしみる、コンタクト装用中に乾く、などと感じられてはいませんか?これはドライアイかもしれません。まずは、涙の量や涙の乾くスピードをお調べして最初は点眼で治療ですが、それでも改善しない場合は涙点プラグといい涙の出口を塞ぎ、目の表面に涙をためておく処置ができます。これによりコンタクト装用が楽になったり、目の違和感・乾燥感を軽滅することができます。これは予約不要で外来で数分で行うことができます。

眼鏡・コンタクトレンズ

眼科専門医が眼鏡・コンタクトレンズの処方をいたします。ハードコンタクト、乱視入りレンズ、使い捨てレンズ、遠近コンタクトなど多くの種類を取り扱っております。今まで合わなかった方も最適な眼鏡・コンタクトレンズができるようにご相談を受け付けております。