白内障の手術室

患者様一人ひとりの話をよく聞き、
その方にとって最適な治療を
ご提供出来る医院をめざしています

まぶしい、二重に見える、霧の中にいるようだ、膜がかかっているようだ、と感じられてはいませんか?これは白内障かもしれません。患者様が見え方に不便をお感じになられるようであれば、当院にて日帰り手術をいたします。入院による手術をご希望される方や状況により入院手術が望ましい方は連携病院の横浜市立市民病院、けいゆう病院などにご紹介しております。
手術は濁った水晶体を取り除き人工のレンズを眼内に置き換えます。短時間(通常15-20分)で終了するため一般には局所麻酔で行います。また手術中は処置をしているので刃物などが見える心配はありません。個人差はありますが翌日~約1週間で視力が改善していきます。
また、人工のレンズ(眼内レンズ)の入っている袋のにごり(後発白内障と呼びます)により視力低下を生じることがあり、当院でレーザー治療が可能です。

設備紹介

    • 手術中の様子1

    • 手術中の様子2

    手術中の様子

  • 手術室

    手術室

    最新の機器を備えたオペ室

  • リカバリールーム

    リカバリールーム

    手術前後の控え室としてリカバリールームを用意しています。